環境に優しい製品開発

新たな光の価値を創造していくことで
人と地球環境の未来に貢献します

環境配慮設計

LCA(ライフサイクルアセスメント)

チェックリストを使用し、環境配慮設計を推進

当社では環境に配慮した製品づくりを推進するため『環境配慮設計ガイドライン』を用いて、 製品設計に適用しています。環境負荷を可能な限り削減させるため、チェックリストを使用し評価しています。
2017年度には評価方法を改定し、①省エネ ②環境保全性 ③リデュース ④リユース・リサイクル ⑤包装 ⑥情報提供 の6項目のチェックリストを用いて、設計者自らが定量的に評価し、環境配慮性の向上に努めています。
また、チェックリストでは、原材料の採取から製品製造・得意先納入までに発生するCO2排出量を把握することができます。

評価概要

下図のように、各項目を5点満点で定量的に評価し、
さらに環境に配慮した製品づくりを目指しています。

画像

※評価項目の補足

2番 環境保全性

REACH規則、RoHS指令等の規制を満たしていることは必須です。その上で自主的にさらに厳しい基準を満たすことを目指しています。

6番 情報提供

環境で注意すべき事項について、法令上定められた表示は行っています。その上で工業会等のガイドラインに基づいた表示を目指しています。

環境配慮製品割合の推移

下図は直近5年間の売上高における環境配慮製品の占める割合です。
LEDを使用したヘッドランプの増加により環境配慮製品の売上比率が
年々伸長し、当社製品の65%以上を占めています。

画像

環境配慮製品

小型化・軽量化

使用材料の研究などにより、寿命・発光効率を同等性能で維持した小型化・軽量化製品の開発に取り組んでいます。小型化・軽量化された製品は製造工程や輸送・廃棄時においても、CO2 排出量の削減・原材料使用量の削減など環境負荷軽減に貢献しています。

画像

省電力・高効率

自動車ランプでは、光源にLEDを用いることに加え、当社の強みである配光技術により、光をむだなく利用することで、高効率で省電力な製品開発に取り組んでいます。省電力化された製品は、CO2排出量の削減につながり、地球温暖化防止に貢献しています。

ヘッドランプ消費電力の推移(W/台)

画像

※ヘッドランプ消費電力は、Low/Highだけでなくポジションランプ・ターンランプなどヘッドランプ全体

ランプのLED化に伴う消費電力の削減

ハロゲン比 43 %減

HID比 30 %減

水質保全の取り組み

紫外線による除菌で、安心安全な水を提供します。当社では効率よく除菌できる波長をもつ紫外光源の高出力化などの開発に取り組み、光源であるUV-LEDやUV-CCL製品と、その応用製品となるリアクターなどを提案し、水質保全に貢献しています。

水除菌製品用途

温水洗浄便座

温水洗浄便座

ドリンクサーバー

ドリンクサーバー

蛇口・浄水器

蛇口・浄水器

当社は、今後も、小型化や軽量化、高効率な省エネルギー製品に加え、水除菌製品を提供し、環境に優しい製品開発を進めていきます。