ファインセグメントLCD

常に進化を続けるスタンレーの光
光に勝つ
光で情報を自在に操る

スピーディーで確実な情報の伝達

高コントラストで見やすいPBTLCDと、切れ目なく誤認しにくい数字表示の融合

SUPPLY

なめらかな表示
誤認時間の最小化
誤認率低下

読み間違いによる事故・ミスを防ぐ、
ユニバーサルデザイン

例えば車の運転中は一瞬のわき見が事故につながるため、メーターやカーエアコンの表示の読みやすさが安全性の向上につながります。スタンレーが開発したファインセグメントLCDは、高コントラストで見やすいPBTLCDと、切れ目なく誤認しにくい数字表示の融合でユニバーサルデザインを実現し、各種操作パネル上の文字を読みやすく表示することが可能です。

ユニバーサルデザイン

人が平等な情報提供を享受するために、年齢や疾患をハンデとしない優れた視認性を有するデザイン。

読み間違いによる事故・ミスを防ぐユニバーサルデザイン

微細セグメント構造によるゴシック数字表示。高透過、高コントラスト、広視野角といった特性があります。狭額縁、ネガポジ反転表示が可能で外形異形形状対応しています。

より読みやすい
数字フォントを追求

ファインセグメントLCDは、文字表示でよく使われる7セグメントやドットマトリックスに比べ、高い視認性が特長です。より読みやすい数字フォントを追求したうえで、限られた範囲で効率よく必要な文字の表示ができるよう、セグメント部分をなるべく重ね合わせて意匠を決定しています。

数字表示 7セグメント ドットマトリクス ファインセグメント
表示例 56 56 56
利点 1桁を構成する
セグメント数が少ない
任意の数字形状を
表示可能
ユニバーサル
デザインの実現
欠点 低視認、高誤認率、
低速認知
傾斜の視認性低下、
セグメント数最多
セグメント数が
多い