企業情報

COMPANY PROFILE

スタンレー宮城製作所は、”光に勝つ”をスピリットとするスタンレーグループの一員として、宮城県登米の地にて、自動車から電子に至る光に関わる製品の生産を主体に事業を展開し、2015年には新工場に生まれ変わり、2020年に迎える50周年、更にはその先に向かって、「ものづくり」に徹底してこだわり、よりよい製品とともに安全・安心を提供し続けて参ります。

代表取締役社長

当社の特徴

●成形から実装、組立を中核にしたものづくり
●自動車や電子に至る幅の広い製品を生産
 -主な生産品目-
 ・LEDを光源としたヘッドランプやリアコンビネーションランプなどの自動車照明製品
 ・独自の生産方式による光学シート製品
 ・独自の配光で演出力の高いLED照明製品

会社概要

  • 社名株式会社スタンレー宮城製作所
  • 設立1970年5月22日
  • 所在地〒987-0513 宮城県登米市迫町北方字川戸沼20番地2
  • 従業員数159名(2019年3月31日現在)
  • 資本金490百万円(2019年3月31日現在)
  • 株主スタンレー電気株式会社
  • 事業内容自動車用ヘッドランプ/リアコンビネーションランプの製造・販売
    LED照明製品の製造・販売、光学フィルムの製造・販売
  • 売上高5,986百万円(2019年3月期)

沿革

  • 1970年5月設立
  • 1972年4月ストロボ生産
  • 1978年4月ヘッドランプ(メタルタイプ)生産
  • 1987年9月レンズ付フィルム用ストロボ生産
  • 1989年10月ヘッドランプアジャスター生産
  • 1993年12月液晶用バックライト生産
  • 2005年8月超薄型導光板の成形
  • 2008年4月LED街路灯、防犯灯生産
  • 2012年2月バックライト用プリズムシート生産
  • 2013年1月歩行者用防犯灯生産(登米市採用)
  • 2013年9月LEDライセンスランプ生産
  • 2014年2月ヘッドランプ(補用品)生産
  • 2014年7月LEDイルミネーションランプ生産
  • 2014年10月ライトガイドフィルム生産
  • 2015年9月新工場完成 移転
  • 2015年9月リアコンビネーションランプ(補用品)生産
  • 2015年12月リアコンビネーションランプ(量産品)生産