スタンレー電気株式会社

文字サイズ

幻想的なホタルの光

生物化学発光

ホタルの光が人工的に作れちゃう!? 自然の力から学んだ電力なしで発光する技術です。

生物化学発光

“光る”生き物大集合!

自然界には光る生き物がいることをご存じですか? 
生き物が発光する仕組みを「生物発光」と言います。

“光る”生き物

生き物たちはなぜ光る!?

光る生き物たちは体内に「ジオキセタン構造」を作り出す能力を持っています。「ジオキセタン構造」には破壊されると発光するという性質があります。光る生き物たちはこの構造を自ら破壊することで発光するのです。
そして生き物たちは壊れた構造を再生することもできます。ずっと光っていられるのはこのためです。

生物発光の仕組み

ホタルの光を 人工的に作っちゃう!

スタンレー電気と神奈川大学松本研究室は共同研究を実施。その結果、人工的に作った「ジオキセタン構造」を破壊して光を発生させることに成功! この発光の仕組みを「化学発光」と呼びます。

「熱が出ない」「電力が不要」というメリットを活かして医療分野や、人に優しい「癒しの光」としてさまざまな使い道が期待できます

※発光効率とは……仮にジオキセタン構造が100個壊れて100粒の光に変わったとすると、発光効率は100%です。

pdfイメージ

詳しい内容は下記のPDFでご覧いただけます

このページのトップへ