スタンレー電気株式会社

文字サイズ

スタンレーにできること CSRの取り組み

CSR基本方針

スタンレー電気のCSR基本方針について

スタンレー電気株式会社では、 2000年4月にスタンレーグループの基本理念として、『スタンレーグループビジョン』を制定しました。
この『スタンレーグループビジョン』は、スタンレーグループの基本的な価値観、社会における存在意義、永続的な使命を定めたものであり、今日その重要性が謳われている持続可能な社会づくりの概念と、同じ着眼点に立ったものでもあります。

スタンレー電気では創業当時より、得意先・仕入先・社員・株主を大切にする「四大切」の基となる経営の理念を持ち、戦後はこれを社是と位置付けて実践してきました。
スタンレーグループビジョンにもこの思いは受け継がれています。
ビジョンの実現を目指すにあたっては、多くのステークホルダーと価値観を共有しながら連携・協力していくことが不可欠であり、グループ全体でビジョンを共有することで総合力を最大限に引き出し、事業活動を通じた持続可能な社会づくりに取り組んでいます。

また、『スタンレーグループビジョン』に掲げられている「行動指針」を正しく実践するためのガイドラインとして、『スタンレーグループ行動規範』を定めています。
この行動規範に明示されている法令や社会規範の遵守、健全な職場環境の整備、社会に貢献する事業活動、人や自然への思いやり、そして社会とのコミュニケーションと共生を意識した行動をしていくことで、事業活動を通じた社会のさらなる発展に貢献できる様に努めます。

CSR体制図

CSR体制は、次のとおりです。

CSR体制図

このページのトップへ