スタンレー電気株式会社

文字サイズ

社会のためにできること 社会活動

国際社会、地域社会への責任

当社では「スタンレーグループ行動規範」の中で、グローバルカンパニーの一員として国際社会のルールを守り、文化・慣習との融和をはかりながら、各国の発展に寄与することを定めています。 そしてこの規範の下、積極的に社会貢献活動に取り組みます。

教育支援活動

就学前の子供からご年配の方まで、「だれでも、いつでも、どこでも、必要に応じておこなえる」生涯教育の振興を図っている公益財団法人北野生涯教育振興会を、1975年の財団設立時から当社は支援しています。
本公益財団法人は、働きながら勉強をしたい人々や一生かけて勉強を続けたい人々への応援を目的に、当社創業者である北野隆春が私財を提供して設立しました。

海外での活動
中国・ベトナム・フィリピンでは、指定した高校や大学に奨学金制度を実施し、向学心のある生徒を支援しています。
さらに、フィリピンでは保育所建設に対して支援をしています。今後も支援対象の地域を拡大していく予定です。
広州工業大学奨学金授与式 ベトナムズンサ高校奨学金授与式

広州工業大学奨学金授与式

ベトナムズンサ高校奨学金授与式

国内での活動
科目等履修生および放送大学選科履修生、大学院修士全科生への奨学金制度や、生涯教育に関する調査・研究への助成、そして設立時から毎年行っている一般の方を対象とした論文懸賞や講演会、研修会等を実施しています。
科目等履修生成果発表会 講演会 伝統文化“能”に親しむ

科目等履修生成果発表会

講演会 伝統文化“能”に親しむ

スポーツ育成・文化支援活動

レディースゴルフトーナメント
スタンレーレディスゴルフトーナメント

ラウンドレッスン
ジュニアラウンドレッスン会

当社では、スポーツ文化の発展と社会貢献を目的に、1980年より女子プロゴルフトーナメントを開催しています(1996-2002年は中断)。
スポーツ育成・文化支援の開催趣旨に基づき、トーナメントへの推薦枠の一部をジュニア枠として、主に若いアマチュア向けに設けています。また、トーナメント期間中に小中学生を対象に、プロによるラウンドレッスンを実施しています。さらに今後のスポーツ文化発展のために、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のLPGAキッズ基金への寄付をしています。そして、開催期間中には障がい者の方を招待し、幅広くスポーツ育成・文化支援を行っています。
また、地域社会の振興支援として開催地である裾野市へ入場料収入の一部の寄付と、森林保全活動として静岡県森林組合連合会へ大会中に選手が獲得する独自ポイントに応じた金額の寄付を、実施しています。
2013年度は、前年に引き続き「東日本大震災復興支援」チャリティ企画を実施し、出場選手の成績に基づいた金額1,133万円を、岩手県、宮城県、福島県の震災遺児支援活動に寄付しました。

その他の社会貢献活動

各拠点の近隣地域でのクリーンアップ活動や、工場での廃棄物削減活動を実施し、循環型社会への取り組みも行っています。

クリーンアップ活動
クリーンアップ活動

廃棄物削減活動
廃棄物削減活動


「環境報告」のページへリンクします。
「環境報告」について 詳しくはこちら


紛争鉱物に対する取り組み

スタンレーグループでは、コンゴ民主共和国およびその周辺国における武装勢力の人権侵害、環境破壊等の問題を重大な問題ととらえています。この武装勢力は紛争鉱物(※)取引を資金源にしているとみられることから、これら問題の助長とならないよう、サプライチェーンの透明性をはかり、責任ある鉱物調達の推進に取り組んでいきます。
(※上記諸国において採掘される金、錫、タンタル、タングステン、その他(米国国務省が資金源と判断する鉱物)

コンゴ民主共和国

このページのトップへ