スタンレー電気株式会社

文字サイズ

地球のためにできること 環境活動

環境宣言・理念・方針

私たちは、地球に優しい企業をめざして、環境に影響を及ぼす物質を「使わない、出さない、捨てない」の実現に向けて、環境保全活動に積極的に取り組みます。

環境・社会への取り組み

スタンレー電気株式会社では、1998年1月に環境保全活動準備委員会を発足させ、環境マネジメントに関する国際規格ISO14000シリーズの研究・当社の現状調査を行い、4月より「環境保全活動委員会」として、本格的な環境保全活動がスタートしました。
環境保全への取り組みは、『環境基本理念』および『環境方針』に基づき、一人ひとりが、環境保全に対する役割と責任を認識し、積極的に取り組んでいます。

環境基本理念・環境方針

「環境基本理念」および「環境方針」は、社内外の環境等の変化に対応すべく、2013年5月に改定しました。

環境基本理念
スタンレーグループは、かけがえのない地球とその生態系の豊かな恵みを、健全な状態で 次世代に引き継ぐため、全ての企業活動を通じて環境に与える負荷を最小限にし、 ”豊かな価値の創造と環境との調和”を実現します。
環境方針

私たちは、「環境基本理念」に基づき、全ての企業活動において、一人ひとりの環境保全に対する役割と責任を認識して行動します。

1
スタンレーグループの活動、製品及びサービスの各領域において、ライフサイクル全体で省エネルギー、省資源、汚染の予防を推進し、グローバルで環境負荷を低減します。
2
各国・地域の環境に関わる法律・規制及びスタンレーグループが同意するその他の要求事項の順守はもとより、必要に応じて自主的管理基準を設定して管理を行います。
3
環境方針の遂行のために、環境目的および環境目標を設定し、定期的あるいは必要に応じて見直しを行い、継続的かつ積極的な改善を行います。
4
環境教育・広報活動を実施し、全従業員及びスタンレーグループのために働く全ての人に環境基本理念、環境方針の理解と環境に関する意識向上を図るとともに、取引先にも周知して理解と協力を要請します。
5
環境基本理念・環境方針は一般の人々が入手できるようにします。
また、環境保全活動状況は社外の要求に応じて開示し、地域社会とのコミュニケーションを図ります。
6
行政機関、地域や関係団体等と連携し、地域社会の環境保全活動に積極的に参画します。

このページのトップへ