東京オートサロン、ご来場有難うございました。

2014年1月10日(金)・11日(土)・12日(日)幕張メッセで開催されました
「東京オートサロン2014 with NAPAC」にRAYBRIG(スタンレー電気株式会社)も出展致しました。

RAYBRIGはスタンレー電気のアフターパーツブランドです。

私はコンパニオンとして東京モーターショーでも一緒だった
佐伯みゆさんと一緒に受付にて皆様をお出迎えさせていただきました。

 

RAYBRIGブースではHSV-010やRAYBRIG製品の展示、

ステージではの高橋国光総監督トークショーや2013レースクイーントークショー・
2014RAYBRIGレースクイーン発表が行われ私もトークショーに出演させて頂きました。

MCをしていただいた初代RAYBRIGレースクイーン篠崎ゆきさんと。

RAYBRIG(スタンレー電気株式会社)といえば皆さん自動車照明というイメージが強くあるかと思いますが、

今回RAYBRIGのブースのバルーンを照らしている投光器もスタンレーの製品だったり、
製品レポーターを務めさせて頂いて取材してきた中での採用事例も少し紹介しながら、
自動車照明に関わらず多くの分野においてスタンレーの製品が用いられていることをお話ししたり、
出版した本のご紹介や今まで撮影した写真などもご覧頂きました。

またブースでは小学生以下のお子様を対象HSV-010コクピット体験も行われました。
連日お子様から大勢の方でブース内は賑わっていました。

ブース内に展示されていたルームランプ、フォグランプ、ナンバープレート用ライトのアフターパーツ。

光源には全てLEDが使用されています。

新製品LEDフォグランプLE07も展示されました。

超ワイド配光でしかも省エネ設計。

バリエーション豊かな取付ブラケットで幅広い車種に適合できます。

LED BULBとLEDライセンスランプ↓

新製品はより白く明るい均一配光が実現されました。

こちらは車載エクステリア用LED↓

車載インテリア用LED↓

L

LEDの発光効率もさらに上がり、わずかな電力で明るさを確保できるようになり、
車の軽量化や省エネルギー化にもしっかり貢献しています。

ブースの照明ももちろんAll LEDです。

その確かな「明るさ」と「信頼性」はスーパーGT500クラスに参戦し、
常に挑戦を続けてきた事によるもの、
過酷なレースの現場から培ってきた技術が製品に反映され、実現されています。

スタンレー電気の製品、そして「RAYBRIG」シリーズ共に、
常に業界の最先端となる商品の提供を今後とも期待します。

最終日には2014年RAYBRIGレースクイーンの発表があり、
同じ事務所の遠藤ゆきえさん(継続)と石黒エレナさんに決定しました。

最終日にはまた土曜日ニューオータニ幕張で開催された、RAYBRIGレースクイーンファン感謝祭が開催され、
私も参加させて頂きました。

参加したのは、初代篠崎ゆきさん、2005~2006年吉川ひとみさん、
2006年高梨まりさん・佐野未来さん、2009年坂本麻衣さん、
2013春那美希さん、2013~2014遠藤ゆきえさん、2014石黒エレナさん、

そして私の9名です。

ゲームやトークタイムなどを交えてファンの皆様と展示会とはまた違う楽しい時間を過ごすことができました。

オートサロン・感謝祭へお越しくださった皆様有難うございました。

引き続きRAYBRIGの応援よろしくお願いいたします。

そしてRAYBRIG/スタンレー電気からリリースされる新製品に今後もご注目ください。

森 由梨香